あつけんパパ

1985年生まれ。福岡県に住む30代会社員です。 妻1人、子供3人と一緒に暮らしています。 副業(ハウスクリーニング)で年間200万円稼いでいます。 2018年に500万円だった金融資産は、2021年末時点で2,250万円に成長。 「稼ぐ力」「貯める力」「増やす力」を鍛えて、純富裕層を目指しています。 「投資信託・ETF」「株式」「暗号資産」を中心に資産運用をしています。

kyousai_kumiai_1

資産形成 資産運用

【日本の公的保険⑤】共済組合!あなたはどこまで知っていますか?民間保険は必要?などの疑問に答えます!

2024/7/14  

あなたは「健康保険」や「国民健康保険」、「後期高齢者医療制度」、「共済組合」などの公的医療保険制度を知っていますか? おそらく、知らない人はほとんどいないでしょう。 日本の公的医療保険制度は、世界的に ...

public_insurance_4

資産形成

【日本の公的保険④】後期高齢者医療制度!あなたはどこまで知っていますか?民間保険は必要?などの疑問に答えます!

2023/10/30  

あなたは「健康保険」や「国民健康保険」、「後期高齢者医療制度」などの公的医療保険制度を知っていますか? おそらく、知らない人はほとんどいないでしょう。 日本の公的医療保険制度は、世界的に見てもかなり手 ...

public_insurance_3

資産形成

【日本の公的保険③】国民健康保険!あなたはどこまで知っていますか?民間保険は必要?などの疑問に答えます!

2024/5/3  

あなたは「健康保険」や「国民健康保険」などの公的医療保険制度を知っていますか? おそらく、知らない人はほとんどいないでしょう。 日本の公的医療保険制度は、世界的に見てもかなり手厚い制度でとても充実した ...

public_insurance_2

資産形成

【公的保険②】健康保険!あなたはどこまで知っていますか?民間保険は必要?などの疑問に答えます!

2024/5/3  

あなたは「健康保険」や「国民健康保険」などの公的医療保険制度を知っていますか? おそらく、知らない人はほとんどいないでしょう。 日本の公的医療保険制度は、世界的に見てもかなり手厚い制度でとても充実した ...

public_insurance_1

資産形成

【公的保険①】公的年金とは?将来いくらもらえる?3つの受給タイミングとは?などの疑問に答えます!

2024/7/14  

老後の生活において、公的年金はとても貴重な収入源です。 しかし、年金制度の内容が複雑なためか、その内容について知らない方が多いのではないでしょうか? 「自分の年金は将来いくらもらえる?」「いつもらえる ...

Savings_Eye_Catch_3

貯める 資産運用

【貯める】なぜ貯金ができないのか?-『1,000万円を貯めるための7原則』-

2023/2/10  

「よし!500万円を貯蓄しよう!」「1,000万円を貯蓄しよう!」と決めて貯金を始める人は多いですが、ほとんどの人は途中で挫折し、失敗に終わってしまいます。 なぜ、多くの人は貯金を途中で挫折してしまう ...

Avalanche

暗号資産

【暗号資産】アバランチ(Avalanche)とは?特徴や将来性、ステーキング報酬の獲得方法について解説します!

2022/9/25  

2019~2020年にかけてDefi(分散型金融)ブームがイーサリアム上で巻き起こり、2020~2021年における世界的な金融緩和により暗号資産バブルが発生しました。 その最中、誕生したのがアバランチ ...

資産形成 資産運用

【iDeCo】30代が老後資金2,000万円をつくる方法をご紹介!

2023/2/6  

みなさんは「老後2,000万円問題」をご存知でしょうか? 「老後2,000万円問題」とは、金融庁・金融審議会による市場ワーキング・グループ報告書で発表された試算を発端に物議を醸した問題のことです。 報 ...

資産形成 資産運用

【つみたてNISA】子どもの教育費「大学4年間分」を効率よく貯める方法をご紹介!

2022/4/27  

「子供ができたけど教育費が不安…」 「教育費の貯め方がわからない…」 「効率的な貯め方はないんだろうか?…」 本記事では、 そんな悩みを持つ親御さんに向けて、子どもにかかる教育費や効率よく貯める方法な ...

暗号資産

【暗号資産】イーサリアムとは?仕組みやステーキング報酬の獲得方法について解説します!

2022/9/17  

イーサリアムは、2022年3月時点でビットコインに次ぐ約40兆円の時価総額と圧倒的人気を誇っています。 特に、2020年~2021年においては、米国を始めとする世界的な大規模金融緩和の影響により、イー ...